広井建設株式会社|群馬県富岡市|建築工事設計・施工|リフォーム工事|公共工事|店舗|不動産業務

qrcode.png
http://hiroi-kensetsu.com/
モバイルサイトにアクセス!
広井建設株式会社
〒370-2452
群馬県富岡市一ノ宮457-1
TEL:0274-64-4300
FAX:0274-64-4301
建築工事業/不動産事業/公共事業
・一般建設業 知事許可(般-27)
 第14565号
・建築士事務所登録 知事 第3508号
・宅地建物取引業者登録 知事(6)
 5721号
・住宅保証機構(株)業者登録
 21015420号
・ぐんま優良木造住宅建設業 業者登録
 第106号
011109
 

スタッフブログ

   
現在建築中の建物や不動産情報など、さまざまな情報をブログにてご紹介します!!
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
ヒートショックのはなし
2019-01-22
昨日、20日は大寒でした。小寒から立春までの30日間を「寒の内」と言うそうで今が1年のうちで最も寒い季節ですね。
そんな寒い時期にはヒートショックに気を付けなければなりません。
今や、ヒートショックが原因とされる入浴中に亡くなる人がなんと交通事故死亡者よりも多いとされ、特に高齢者は年間1万人以上もの人が命を落とすとされています。特に暖かいリビングから寒い廊下に出た時、又は冷えた体で熱いお風呂に入った時、熱いお風呂から寒い脱衣所に移動した時など温度差が急激な血圧の変化を引き起こしてヒートショックの原因になるといわれています。
個室を暖める事が多かった日本の住宅の暖房設備。それが部屋の温度差を生みヒートショックの原因のひとつとなっていました。
ではそのヒートショックを防ぐためにはどうしたらいいのか。まずは家の中の温度差をなくすことが大事です。本当は全館空調が理想ですが近年は住宅にも高い省エネ性が求められ断熱性能も上がってきていることにより間仕切りの無い開放的な住まいも増えています。浴室や脱衣所用の暖房器も設置するかたが多くなってきています。極力各室の温度差を無くし居室以外の部屋も暖めるといいでしょう。
ヒートショックに気をつけて、寒い冬を乗り切りましょう。
 
小正月のどんど焼き
2019-01-15
3連休明け、ばたばたとした1週間のスタートです。
私的には、今日から気持ちを切り替えて仕事始め!の気分です。(そんなことを言ったら叱られそうですが)
 
さて、今日15日は小正月。昔ならば成人の日の祝日であり職人さんは小正月はお休みでした。今はそうも言ってられず・・・成人の日が移動して祝日が月曜になってからは、小正月という言葉もあまり聞かなくなった気がします。
小正月の恒例行事といえばどんど焼きですね。先日、我が家の地区でもどんど焼きが行われました。無病息災を祈って正月飾りや書初めを燃やし、繭玉を作ってその火であぶって食べると一年間風邪をひかないと言われています。最近では様々な理由で中止になるところも多いようですが、我が家の地区ではみなさんが繭玉飾りを持って集まります。かつて養蚕が盛んだった頃、「今年もいい繭がたくさん取れるように」との願いを込めた風習が伺えます。
ところで、私は子供の頃「どんど焼き」と習いましたが地域によってどんどん焼きとか左義長とか呼び名は違えど全国行事なんですね?!ちなみに道祖神祭りとも言うそうで、そういえば弊社付近の道祖神には新しい注連縄が張られていました。
いつまでもこうした季節の風物詩が続くといいですね。
 
 
謹賀新年
2019-01-10
あけましておめでとうございます。
新年のあいさつがだいぶ遅くなってしまいましたが、新年を迎え気持ちも新たに本年もスタートしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
昨年は、豪雨・豪雪に地震、そしてまれにみる大きな台風などなど・・・ありとあらゆる自然災害に見舞われた一年だったように思います。建築業界もオリンピックへ向けて需要が伸びているとはいえ、地方都市ではその余波もまったく感じられない一年でした。今年は少しでも景気が向上するように、そして工事の安全を願って仕事始め恒例の貫前神社へ参拝しました。毎年のことながら、神社の凛とした冷たい空気に包まれると心地よい緊張感が漂い姿勢が正されます。今年は災害の無い穏やかな年であるようにと祈るばかりです。
私としては・・・ブログの更新をがんばりたいです(苦笑)
 
 
あずまや
2018-12-03
12月に入りました。師走と聞くだけでなんだか気忙しくなる今日この頃です。
今週はお天気もイマイチ、でも久々の雨も期待できるようですよ。
風邪などひかずに今年もあと1ヶ月を乗り切りましょう。
 
さて、先日完成した四阿(あずまや)です。
お寺に建てられました。
総ヒノキ造りです。
写真は完成一歩手前ではありますが、既に無事に完成しております。
お参りの際の休憩場所として多くの方に利用していただける事と思います。
 
ブロック塀工事
2018-11-19
今年6月に大阪で起きた地震により、ブロック塀が倒壊して登校中の児童が下敷きになり命を落とすという痛ましい事故がおきてしまったのは記憶に新しいところです。そこで全国的な既存ブロック塀の点検の注意喚起が促されています。
そんなニュースがあって以来、市内でもブロック塀の撤去をたびたび見かけました。弊社でも塀の補強や造り替えの依頼がありました。実は我が家でも・・・。私が物心ついたころには既にあったブロック塀。長年の間には、風雨による劣化と接道する道路の下水道工事やU字溝敷設工事などの影響でか徐々に傾き始めました。門柱には亀裂が入り地震のたびに心配していました。
違法ブロック塀ではないけれど、危険ブロック塀です。古いブロックを解体・撤去し、新たに境界に擁壁をつくりフェンスを設けました。これで倒壊の心配からは開放されました。
ブロック塀の構造については建築基準法により定められています。法に適合しないブロック塀や老朽化したものは地震時に倒壊の恐れがあります。
チェックポントはいちばん左の画像の通り。県や市のホームページでも確認できます。また、市町村によっては解体工事の助成金もあるようです。(富岡市は今のところありません)工事は弊社でも請け負っておりますのでぜひお気軽にお問い合わせください。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<広井建設株式会社>> 〒370-2452 群馬県富岡市一ノ宮457-1 TEL:0274-64-4300 FAX:0274-64-4301