広井建設株式会社|群馬県富岡市|建築工事設計・施工|リフォーム工事|公共工事|店舗|不動産業務

qrcode.png
http://hiroi-kensetsu.com/
モバイルサイトにアクセス!
広井建設株式会社
〒370-2452
群馬県富岡市一ノ宮457-1
TEL:0274-64-4300
FAX:0274-64-4301
建築工事業/不動産事業/公共事業
・一般建設業 知事許可(般-27)
 第14565号
・建築士事務所登録 知事 第3508号
・宅地建物取引業者登録 知事(6)
 5721号
・住宅保証機構(株)業者登録
 21015420号
・ぐんま優良木造住宅建設業 業者登録
 第106号
013872
 

スタッフブログ

   
現在建築中の建物や不動産情報など、さまざまな情報をブログにてご紹介します!!
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
リフォーム工事
2017-10-16
今朝はこの秋一番の冷え込みで一気に冬が来たような寒さです。冷たい雨が一層寒く感じます。
 さて、先日住宅のリフォーム工事が終了しました。よくお客様から「リフォームもやってるの?」と聞かれることがありますが答えは『もちろんです!』住宅は手を入れながら長く住み続けてもらいたいというのが造る側の希望です。リフォームも新築も増築も一手にひきうけていますが、先日の工事はお施主様の「どうしてもキッチンの位置を変更したい」という希望からのリフォームでした。今ではあたりまえのようになった対面式キッチンですが、ダイニングキッチンはお客様から見えないところにしたいというお施主様の希望により、壁を設けその壁の向こうにキッチンと食事用の小さなカウンターを取り付けました。食事を作って食べるという動線も短くなり便利になったそうです。新たに設置した壁も明かり取りのガラスとステンドグラスをいれてあるのでそれほど圧迫感もありません。お施主様にも喜んでいただけました。
 
地盤調査
2017-09-02
早いものでもう10月です。今日は十五夜ですね。
今日は空気もひんやりとして肌寒い秋らしい日です。
気候の変化で風邪をひく人も多いようですのでくれぐれもお気を付け下さい。
 
さて、まもなく着工する現場の地盤調査が行われました。敷地に位置を出して地縄をはり、建物の4隅と中心の地盤を調査します。
住宅を建てる際、最近ではほとんどの場合地盤調査を行うようになりました。地盤調査とは、その地盤がどれだけの建物の重みを支える力があるのかという地耐力を調べるために行われます。地耐力が足らないと建物が沈んでしまい不同沈下が起こります。この不同沈下を防ぐために地盤調査が必要になります。調査の結果では地盤改良工事などを行う場合もあります。
住宅の地盤調査の方法はスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)が一般的ですが、弊社では表面波探査法で行っています。
表面波探査法は、地面をゆらしてその「ゆれ」の伝わる速さにより地盤の軟弱を判断します。(画像・左)それを計測する機械が右の写真です。データの変化から地層の境界を判別し各層ごとに支持力がどのくらいあるかがわかります。地盤がしっかりしていれば改良工事は必要ありません。この表面波探査法では数値により地耐力を細かく判断しています。それにより必要以上の地盤改良工事を減らしています。弊社でも以前はスウェーデン式の調査でしたが表面波に変えてからは地盤改良工事がほぼなくなりました。もちろん地盤の保証もついています。
新築の際には瑕疵担保責任保険とあわせて安心の保証をご利用いただけます。
 
「富岡分譲地」販売価格見直し!
2017-09-19
急に秋らしくなったと思ったら、台風一過でまた夏に逆戻りしたりと不安定な気候が続いております。皆様、体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。
 
さて、弊社が販売しております「富岡分譲地」の販売価格の見直しを致しました。
少しばかりですがお求めやすくなったと思います。
ぜひともこの機会にお気軽にご相談ください。いつでもご案内致します。
 
詳細は ココ をクリックしてください!
 
 
ゴルフ・釣り大会
2017-08-31
8月29日、安全協力会恒例のゴルフ・釣り大会が行われました。
ゴルフは21センチュリー、釣りは赤久縄でそれぞれ行われ、終了後は事務所おとなりの七尾さんにて講習会と表彰式ならびに懇親会を行いました。
ムシムシと暑い一日だったこともあり、懇親会の生ビールが格別においしかったようです。それぞれのスコアや釣果を発表し、にぎやに歓談のうちに終了となりました。
みなさん一日お疲れ様でした。
 
 
富岡市浄化槽整備推進事業について
2017-08-29
暑さもそろそろ落ち着いてきたのか、朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。
 
さて、先日トイレとお風呂のリフォームを行いました。
社長が20代の頃に建てた家、築40年?ほど。汲み取りのトイレを水洗トイレに、タイルのお風呂をユニットバスにリフォームしました。毎日使う水廻りはどうしても傷んできてしまうところです。高齢のお母さんも安心して使えるよう快適にリフォームされました。
先日の上毛新聞の記事によると、群馬県の汚水処理人口普及率は2016年度末時点で79%だそうです。これは下水道や浄化槽を利用できる人の割合を示すものだそうで、全国平均(90.4%)を大幅に下回って全国では37位、関東ではワーストだそうです。79%という数字、意外に高いなぁ・・・と、思ったのは私の間違いでした。そして、県内でトップは上野村の96.5%、最下位は下仁田の33.1%だそうです。世帯数もあるのでしょうが、かなりの差に驚きです。
富岡市では環境保全や公衆衛生の向上の為、市が合併処理浄化槽を設置し、その後の維持管理も行う浄化槽整備推進事業が行われています。分担金として工事費の一部は納めますが、市が高度処理型浄化槽本体の設置工事をしてくれます。浄化槽設置に伴う宅内配管などの費用は個人負担になりますが、今回のように汲み取り便槽や単独浄化槽から合併浄化槽へ転換する場合はなんと分担金も免除になり(ただし、新築や建て替えは対象外)撤去の費用も市が負担してくれます。ちなみに、今回の現場の場合の分担金は25万円でした!!今回この事業によりお施主様の負担が35万円も軽減された計算になります。ただし、これからは毎月4,110円(5人槽)の使用料がかかります。ですが、浄化槽の保守点検や清掃、維持管理は市が行ってくれますので安心して快適に利用できます。
このような制度を上手に利用して快適に暮らせるようお手伝いをさせていただきます。ただし対象外地域もありますので詳しくはお問い合わせください。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<広井建設株式会社>> 〒370-2452 群馬県富岡市一ノ宮457-1 TEL:0274-64-4300 FAX:0274-64-4301