広井建設株式会社|群馬県富岡市|建築工事設計・施工|リフォーム工事|公共工事|店舗|不動産業務

qrcode.png
http://hiroi-kensetsu.com/
モバイルサイトにアクセス!
広井建設株式会社
〒370-2452
群馬県富岡市一ノ宮457-1
TEL:0274-64-4300
FAX:0274-64-4301
建築工事業/不動産事業/公共事業
・一般建設業 知事許可(般-27)
 第14565号
・建築士事務所登録 知事 第3508号
・宅地建物取引業者登録 知事(6)
 5721号
・住宅保証機構(株)業者登録
 21015420号
・ぐんま優良木造住宅建設業 業者登録
 第106号
013849
 

スタッフブログ

   
現在建築中の建物や不動産情報など、さまざまな情報をブログにてご紹介します!!
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
断捨離
2020-06-02
早いもので6月です。今日はかなり気温が上昇している模様。熱中症には気を付けましょう。
全国で緊急事態宣言が解除され、新しい生活様式のもと徐々に日常を取り戻しつつあります。昨日から学校も始まりました。それでもまだまだ油断できない日々が続きます。気を付けて参りましょう。
 
さて、外出自粛期間であった今年のゴールデンウィークは自宅の大掃除をしたという方が多かったようです。テレビでごみ処理場の渋滞のニュースを見ました。実は私も自宅の物置を連休明けに解体する予定だったため、連休期間中はずっと片付けでした。とはいえなかなか捗らないもので・・・(汗)それもそのはず、亡父は貧乏性(いや、貧乏だったので)なんでも捨てずにとっておく人でした。壊れているもの、昔養蚕で使った道具、農家で使った道具、古い家電、山から自分で伐り出してきた材木の山などなど。それでも何とかみなさんの協力を得て、不用品の巣窟だった物置はきれいな更地となり、風が吹く度に吹き飛ばされないか心配していたストレスから解放されました。
改めて気づいたのは、不必要なものは溜め込んではいけないということ。あたりまえのことですが、できそうでできないことですよね。あとに残される人のためにも身軽な生活を心がけたいものです。ぜひ、断捨離をおすすめします。
 
断熱工事
2020-04-01
今年も桜が満開を迎えています。市内各所の桜の名所もきれいですが今年はいまひとつ気分が晴れませんね。お花見の提灯も今年はつけられないようです。
新型コロナウィルスの影響で一部設備の供給が滞っているようですが、徐々に流通が始まっているようです。
こんな状況でも現場は進みます。みなさん頑張ってくれています。
先日上棟した現場の断熱工事が完了しました。
現場で泡状の断熱材を直接吹付ける発泡型ウレタンフォームの断熱材です。吹付けた泡が膨張して隙間なく断熱材が充填されます。気密の高い断熱材の効果で、冬は暖かく・夏は涼しく室内を一定の温度に保ちます。
断熱材は完成すると壁の中に隠れてしまいます。見る機会が限られますのでぜひこの機会にどうぞ。
 
いつでも見学できますのでぜひお声掛けください。
 
上棟しました
2020-03-19
昨年7月の火災で類焼した会長宅が先日無事に上棟となりました。
こうしてこの日が迎えられ工事ができますのも、ひとえに皆様のご支援ご協力の賜物であります。
本当にありがとうございます。
建方当日は1日中雨でした・・・しかもその日だけ雨。雨に濡れながら若い大工さんたちががんばってくれました。
来週には吹付け断熱が施工される予定です。
水廻りの供給が心配ではありますが、無事の完成を祈るばかりです。
 
また、随時見学もできますのでご希望の方は事務所へお声掛けください。
 
新型コロナウィルスの影響についてのお知らせ
2020-02-20
 今般の中国全土での新型コロナウィルス感染拡大と春節の期間延長等に伴う中国の工場停止の影響で、一部部材の供給が遅延し商品の生産供給に影響が出ております。(ユニットバス・トイレ・キッチン等)また、商品によっては受注停止となっている状況ですので、現場の進捗にも影響が出てくるかと思います。
今後の動向についてはまた情報が入り次第お知らせしてまいります。
みなさまには多大なご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。
 
省エネ法改正講習会
2020-02-19
2月も半ばを過ぎ、暦の上ではもう春です。週末の連休は暖かくなるとか。急に春のような気候になったと思ったら冬に逆戻りしたり・・・ただでさえ体調を崩しやすい季節に加えて、今年はさらに新型コロナウィルスが猛威を振るっているようです。みなさんも体調にはくれぐれもお気を付けください。
 
さて、先月省エネ法改正の講習会に行ってまいりました。
令和3年4月から小規模住宅に対して建築士から建築主への省エネ基準の適否等の説明が義務づけられます。
今や住宅も性能で表す時代です。平成28年省エネ基準では、外皮性能基準+一次エネルギー消費量基準であらわすことにより、建築による手法と設備による手法で達成すべき指標を定めています。断熱性能を高めて一次エネルギー消費量を抑えた住まいがこれからの基準というところでしょうか。国を挙げて取り組むZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)などもそのひとつです。
情報があふれる現代では、施工者は知らないでは済まされない時代です。さまざまなご提案ができるようこちらも日々勉強ですね・・・。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<広井建設株式会社>> 〒370-2452 群馬県富岡市一ノ宮457-1 TEL:0274-64-4300 FAX:0274-64-4301